目の下に出来るクマを改善して目の印象をUP|魅力的な目元になろう

女性

目元の悩みを解消する

顔

トラブルの原因はさまざま

寝不足や目を酷使する仕事などが続くと、目の下にクマができるという経験を持つ人は少なくありません。これは疲れによってうっ血が起き、血管が浮き出て見えるためです。全体がうっすらと青く見えることから、こうした現象を青クマといいます。青クマは若いうちは十分な休息をとれば自然に解消されますが、年齢を重ねるとなかなか消えてくれなくなります。これは身体機能の衰えによって血行障害が起きやすくなるためです。さらに注意が必要なのは、加齢が進むと別のタイプのクマも発生しやすくなるということです。これは紫外線を浴び続けることによって色素沈着が起きたり、皮膚のたるみが影を作ったりすることによるものです。一般には前者を茶グマ、後者を黒クマと呼んでいます。

根本的な改善は医学の力で

クマを治すには十分な睡眠、紫外線対策、マッサージや美容液などによるスキンケアが有効です。しかし新陳代謝が衰えてくると、こうしたセルフケアでは完全に治すことは難しくなります。その場合は、医療機関を受診して専門的な治療を行うことが有効な手段となります。現在、美容外科や美容皮膚科などの医療機関では、クマを治すためのさまざまな治療メニューを提供しています。代表的なところでは、血行を促進して新陳代謝を活発にするレーザー治療、色素沈着を抑える外用薬の使用、皮膚のたるみを解消するヒアルロン酸注射などがあります。目の下にできたくぼみを治す外科手術が行われることもあります。専門医に相談すれば、クマの状態やできた原因に応じた最適な治療を施してくれます。